人付き合いの悩みは●●だった

人付き合いで悩む人は優しい人です。私も悩みはありました。

自分の気持ちを大切にしたい、人から愛されたい、二つは矛盾するように感じるかもしれません。

狭間で悩んでしまう、人より自分に興味があるのは、普通なことだと思います。

自分の気持ちが大事、人に愛されるのが大事。どちらかになりがちです。

癒されていけば、人から承認が無くても、意味があってここに居る、私は愛されると実感するのでしょう。

しっくりくるバランスを探すのは良いと思います。

子供の頃は、親にわがまま言ってはいけない、困らせてはいけない、そう思うことに似ています。無理しても愛されるように自分を変える必要がある、そんな想いが出るかもしれません。

自分に価値がないと信じる時は、自分を大切にできません。人付き合いは、自分を殺さないと上手くいかないと思っているとしたら、それは誤解です。

本質は自分を好きになれない、自分に自信がもてないインナーチャイルドの傷多いかもしれません

自分を好きになれば、自分を大切にできる、人に感心をもてば、人を喜ばせることはできる、2つ共に取ることはできます。

 

引きこもる訳

私は自分の意見を前に出す方です、心の傷もありました。

私のスマートホンは、着信が鳴らなくなりました。ボリュームが上げられない状態。

一般的には壊れた様子、機械をリセットしたり設定を見直しました。一度、直ったこともあったのですが、その時は駄目でした。

音の鳴らない状態は続いた、機械を変えないといけないと思いました。

気がついたのです「誰とも話したくない」電話が鳴らないのは、都合が良いかもしれないと。

もちろん仕事で使う電話が鳴らないと困ります、留守電はありましたが。

仮に、心が影響して鳴らなくなっているとしたら、そう仮定してみました。

人付き合いが苦手な時、予想できる行動はあります。

1.引き込もって独りになる、2.人に良い所だけを見せようとする、3.個性を消して透明人間になろうとする。

私は昔から「誰も分ってくれない」という傷みがありました。

私は独りでいる傾向が強かった。その方が気楽で傷つかないからでしょう。

思い当たることがありました。「誰も分かってくれない」を深く観ていけば「両親は私を分かってくれない」「誰も私を分からない」そんな思いがあったのです。

昔からのものが浮上したのでしょう。いつのまにか、人と関わることを避けていた様です。

それがスマートホンの症状として、出たと思われます。

自分を見つめる様になり、カウンセラーに出会って、インナーチャイルドの傷みを感じられる様になりました。恐れは見ていないと拡大するものですね。

自分を客観的に見る

自分のことを見るのは、訓練がいるかもしれません。

自分がしている自分の評価、人からの私の評価、思いつくこと全て書き出しました。

私の場合、ネガティブなものがたくさん出てきました。

例えば「態度が大きい」と書いた。それを「自分の意見を言える」とポジティブな表現に変えてみた。

最初からポジティブな「優しい」は、ネガティブな表現も加えて「優柔不断」と書きました。

とにかく思いつく限りに、違う表現で出してみました。

気がついた事があります、これまで視野が狭かったこと。

人からの評価も同じです。見たい一面から見た評価と言えます。

自分がしていた自分の評価も、それで良いと思っていたり、悪いと思っていたり様々でした。

相手の立場に立てば、私のことを分かってほしいというのは、無理がありました。

愛されて人から評価されたいとしたら、相手に何かを提供できるからです。

自分のことで、一杯になっていたと気がつきました。

自分だけに感心があって「わかってもらえない」は、心の傷みからでしょう。

自分の存在に自信がもてない故の傷み。

例えば、私は「先輩に言いたいことを意見した」人からは態度が大きいと引かれた。ある人に弱音を言って「自信がないと引かれた」

人から自信のある人かない人、どちらかに評価されるものでしょう。

私に両面があるとしたら、それを分かって欲しいは困難なことです。

それに関わらず、傷ついたことがありました。

私の両面を見た人は、ギャップの大きい人と見るだろうと思います。

人から受け入れてもらえないは、自分だけに関心があるのに、人の態度を気にしていたからでしょう。

自分のことが好きになれずに、ギャップがあることを駄目なことだと思いました。

自分を好きになるのは、駄目なところを、それも自分と受け入れること。

本来は愛されていて、意味があり、承認は必要ないということ。

人に愛されたい、認められたい時、自分の存在理由に自信がもてないからかもしれません。

自分の意見に重きを置く、人に愛されることに重きを置く、バランスを探るのもいいでしょう。

癒されていく過程だと思います。

理想の人付き合いとは

人との距離感は選ぶことはできます。

私は、今の理想の人付き合いを思いました。

どうなったらいいか?  実現したいことは何か?

私は人に承認されたい、人に関心をもち、私の価値を提供すること。

初めての人に会った時にも、仕事が上手く進むことは望みです。

孤立して生きるのは、望みではないと分かりました。

誤解されることはあるでしょう、人に接しながら望む方向に歩んでいきたいと思いました。

もう一つは、自分と似たタイプの上手くいっている人を思い浮かべました。

自分の存在に自信を持つ人は、人に媚びる必要は無い。

使命のようなものを全うして、価値を提供している。

自分のことを受け入れている、その人らしさが魅力になっています。

尖ってていても良い、目標に向けて歩むと決めることが大切、閉じこもる必要はないと思えました。

自分の内面が変わった時、スマートホンの画面に出たことのない表示、変更のメッセージがでました。

それを触ると、急に着信音が鳴るようになりました。やはり心が影響していた様です。

人付き合いは、永遠のテーマです。

視野が狭くなっている時、独りでは気がつけないこともあります。上手くいかない時、人と話してみるのも方法の一つです。見えていなかったことが、見えてくるかもしれません。

 

まとめ

  • 悩みは、どうなりたいか?理想を描くことから
  • 自分を大切にできる、人に感心をもち価値を提供する、2つは両立することはできる
  • 自分が確率していけば、自然体でいられる様になる

レッスン

●あなたの理想の人付き合いは、どんなものだと思いますか?

 

 

モトでした。

コメントを残す