上司とコミュニケーションは改善できる

会社員で、上司と上手く話せないのは困りますね。上手くできたらいいと思いますか?

仕事は、好き嫌いで話しにくいのは、支障がでると思います。

そうはいっても、人の相性や好き嫌いは出てしまうものでしょう。

苦手な人とコミュニケーションをとるには、どうしたらいいと思いますか?

こちらの質問の方が、ぴったりくるかもしれません。

一言で言うと「自分の態度に意識を向ける」ことがポイントです。

コミュニケーションを見直す

上司とのコミュニケーションが苦手という人に、私の体験をお話しします。

私が初めて就職した会社は、上司と上手く行かずに辞めたことがあります。

転勤の話しが出たことが、切っ掛けになりました。

仕事の内容には満足していたので、不本意な気持ちがありました。

自分は正しい、上司は間違っている、そう思っていました。

上司に苦手意識はありました、当時は無意識だったのですが、上司にほとんど近づかなかった、避けていたのでした。

よく仕事では、連絡・報告・相談が大事と言われます。私は若気の至りで、言っても「分かるはずがない」そんな心の声で、話すのを避ける様になりました。

苦手な人の前に出ると真っ白になったり、言いたいことが言えない。嫌な気持ちにならないためにそうしたのでしょう。

コミュニケーションが苦手というより、苦手な人とあまり話そうとしないのでした。

自分のことはなかなか、気がつけないものです。その時は上司のせいにしていました。

人間関係のコミュニケーションは、様々な場合はあると思います。

特定な人と話しにくい、話ができないという人は多いかもしれません。

自信がないことは話しにくいでしょう、相手の反応が怖いから話しにくいことはあるかもしれません。

私の場合、苦手な上司を避けてしまうことが問題の本質でした。

コミュニケーションの柱

心理学では、非言語コミュニケーションと言います。相手と話さなくても、あの人には嫌われている様だとか、伝えようとしていないとか、わりあい相手には分かるものです。

上司にも、私が避けていることは伝わっていたと思います。

何を伝えるかは、あまり大事ではありません。

相手に、どんな態度で伝えようとするかが大事です。

 

海外旅行を例にして、非言語コミュニケーションについて説明します。

独りで外国に行って言葉が分からない時、コミュニケーションが苦手と思うかもしれません。

確かに「現地語を話せない」とそう思うでしょう。

私は独りで海外旅行に行くことがあります。ほとんど飛行機とホテルだけを取って行きます。

片言の英語しか話せません。英語も通じにくい地域に行くことはあります。

そんな時は、英語、日本語、現地語の「単語」でしのいでいます。

言葉を勉強している訳では無いから外国語は話せない、自信はありません。

目的があれば、なんとか通じさせようとするものです。

大丈夫と思えば旅は成立するし、伝えることに失敗はありますけれど、なんとなく分かってもらえることは多いのです。

「言葉」が重要ではなくて、なんとか伝えたい気持ちから、身振り手振りを使ったり、時には紙に書いた資料を見せて、通じさせようと努力するわけです。

言葉よりも態度(非言語コミュニケーション)が大事、それで通じるということです。

普通は自信がないとひるむし、話そうとしない。度胸や決意はいるかもしれません。

 

向き合う態度とは

昔の私は苦手な上司に、ほとんど挨拶もしていませんでした。

態度が悪く、向き合えていなかったのです。

自分が話そうとしていなかった、話せる雰囲気を作っていなかったのです。

どうしたら、話せるか? 伝えられるか?

そういう立ち位置に変われたことが、一番の変化だったでしょう。

一般的に、コミュニケーションが苦手という時、何を話すかに気を配りがちになるでしょう。

何を話すかを明確にすることも、意味はあるのですが、どんな態度で伝えるか? ということが、よほど大事です。

自分の態度は気がつけないものです。

どんな態度で伝えようとしていたか顧みて、たんにコミュニケーションの苦手ということで、片付けなくなりました。

苦手から逃げなくなったということが、一番大きな変化でした。自分を見ずに、相手のせいにしていたという気づきがあったからです。

逃げていた時は、コミュニケーションの取りようがない訳です。

足が向かないということありますが、自分から伝えるべきは伝えようと意識していました。

まったく上司と切っ掛けがつかめずにいた時、始めたのは話す雰囲気を作ることを心掛けたこと。

こちらから相手に挨拶する様に心掛けました。

家族にも似た様な態度を取っていたりしたと気がつきました。

それまで無視していた人に「挨拶」から始めるしか思いつかなかった訳です。

態度を変えていく、相手の態度に左右されないこと。

怖がらなくなったので、状況を客観視できるようになりました。

苦手になった理由

上司に父の姿を見ていたと気がつきました。

子供の頃、父は話しを聞くのが苦手でした。話そうとしても、遮られることがありました。

今にして思えば、私と話しをするのが嫌なのではなく、そもそも聞くのが好きではなく辛かったのだと思います。

子供の時は「自分が嫌われている」もう少し大きくなると「話しても無駄」という様に、自分が傷つきたくないから、避けるのが習慣になっていました。

上司に、同じ様な態度で接していたのです。

感情的なものは、すぐに対応できないこともあります。

時間を掛けて見つめていく必要があるでしょう。

自分の態度を客観視するのは、深い気づきを得られることもあります。

 

まとめ

  • 伝えたい人に、どんな態度で臨むのか? 自分の態度を意識する
  • 自分から話せる雰囲気づくり、何ができるか?考えてみる
  • 自信のないことは、何度も話しを練習して自信をつける

 

レッスン

  • 苦手な人に対して、どんな態度で伝えたら良いと思いますか?

    伝える時のことをイメージして下さい

 

 

 

モトでした。

コメントを残す