40代からの自分らしさ力

40代は、今の仕事でいくか、ライフスタイルを変えるか、迷いのでる時期です。

仕事と家庭、やりたいことの両立には、パワーが必要になります。

自分を知り、進みたい方向を考えることで、エネルギーに変えられる。

エネルギーの源は「自分らしさ」や「ありのまま」にあります。

自分を活かしている実感、やりたいことが腑に落ちると、進む力が出てきます。

迷いが少なくなり、進みたい方向は明確になります。

自分らしさは高めていくことができる。

心の基礎力と密接に関係しているからです。

基礎力を高めるエクササイズとして、自分の強みを再発見する、大切なものを確かめる

二つのトピックをお話しをしましょう。

自分の強みを再発見する

自分に自信を持てるのは「ありのままでいい」と思えるとき。

自信がもてない時は、いつのまにか自分に駄目出しをして、否定している時です。

上手くいくことばかりではないですね。

上手くいかない時にこそ、自分の良さや強みを確認しましょう。

実は、駄目出ししていることには誤解が多い。

適応しようと、努力することは意味はあります。

誤解したまま、自分以外の人になろうとすることがあります。

他人と比べていると、あの人は凄いけれど、自分はあんなふうにできない

尊敬する人は凄いけれどと、自分を責めることがあります。

人はそれぞれ、同じ人になる必要はありません、あなたのままで大丈夫なんです。

仕事のできる人を観察して気がついたのですが、その人なりのやり方でやっていました。

無いものを探すのではなくて、自分にあるものを探してみましょう。

人をまねて、無理な形を続けても長続きはしません。

自分なりのやり方を模索することです。

駄目だししたことも、見方を変えるだけで自分に自信がもてる。

自分を否定する代表として「コンブレックス」があります。

思うだけで、まだ辛いことかもしれません。

気にならなくなったら、どんな良いでしょう。

今回は勇気をもって、見つめるのは、自分を好きになり、自信を持つ鍵になるからです。

 

例えば、性格的な悩みを挙げましょう。

「優柔不断」なところがある。

なかなか決められないは、悪い意味で使われます。

実は、良い性格とも言えるのです。

人を思う優しさに溢れていて、じっくり考えることができる人。

人のことを思うと判断できない、同じことを言っているのです。

見方を変えられれば、強みに違いはありません。

駄目なことにしているのは、傷ついた経験があるからでしょう。

ですが無理に変えようとすると、自分でない人になろうとします。

努力は無駄ではありませんが、優しさや慎重さは変えないで下さい。

あなたの個性の一つと言えます。

できるなら、ネガティブな表現を聞いても動揺しなくなれば、克服したといえます。

私は優柔不断、そのままでいい。優しい人と言うことだから。

本当の強みになります。

今、自分らしさに自信がもてなくても、あなたの価値は変わることはありません。

コンプレックスに良い意味を付けましょう。

大切なものを確かめる

時間をとって、自分にとって大切なことを考える時間は有益です。

生きる目的に繋がる視点が出来る、一度確かめましょう。

大切なことを中心として、どこに進みたいのか、バランス感覚が備わります。

実は、本当に大切なことは気がつきにくい。

私は、身体を壊した経験があります。

身体を壊す前は、健康は当たり前だと思っていました。

ずっとあると誤解しました。

一生病のままかもしれないとなって、初めて健康の大切さが身にしみました。

例えば、家族が一番大切と言っていた、ですが、家族と時間を取っていない。

そんな時は いま一度、優先順位を確認するといいと思います。

家族、健康、時間、家、ライフラインなど、あって当然と思うものでも、無くすこともありえます。

思いを馳せてみないと、価値には気がつけません。

大事なものがあるかもしれません。

もう一つ、あなたが あと一週間の命だとしたら、なにをしますか?

時間が限られる時、後回しにしたことに気がつくことがあります。

大切なことは、早くやっておくといいですよね。

 

あらためて、貴方にとっての「幸せの基礎」になっているもの、何だと思いますか?

優先順位を付けましょう。

あえて3つだけ選ぶとしたら、何を選びますか?

○自分・心
○パートナー
○家族・両親、子供
○家
○友人
○お金、衣類、持ち物
○仕事
○健康
○知識・好奇心
○宗教・哲学
○娯楽・旅
○社会活動・コミュニティ
○その他

これだというものがあれば、加えて下さい。

何が大切でしょうか?

また仕事と家庭、仕事とやりたいこと、安定と挑戦など相反することはあります。

バランスをとるとしたら、どんなバランスでしょう?

無理をしていたと気がついたら、無理をしているかもしれない

認めるだけで、前に進めます。

自分を抑え付けていると、枯渇したり疲弊したりします。

これから先、大事なことに力を入れる環境は作っていくことはできます。

すぐに実現しないとしても、理想をもつことで近づけていくことはできます。

ライフスタイルを模索したい時は、幸せの基礎イメージがあると

今のままでいいか、変えた方がいいか、判断がつきやすくなります。

自分らしさは、自分の気持ちを尊重すること。

何を感じているかを大事にしていくこと。

変化は怖いものですが、その怖さも感じることが、基礎力を高めます。

人生の指針は、心の内にあります。

 

まとめ

○自分のコンプレックスをあげて、良い意味に変えてみましょう。

 難しい時、同じ特徴をもっているのに、ノビノビしている人を捜してみます。

○自分の幸せに基礎となるものは何だと思いますか?

  大切なことに3つ選んで下さい。なぜそうしたか理由を言葉にしてみましょう。

○自分の幸せの基礎が分かったら、今のままでいいか、変化を求めたいか?

 なにを感じているかに注意することで、自分の道に進みやすくなる。

 

 

モトでした

コメントを残す