怒りの対処が 幸せに進む鍵

社会規範に反しないことが、重要視されています。

怒りで行動することは、問題を起こします。

感情的に安定しない人と安定している人では、どちらと付き合いたいですか?

おのずと答えは出るでしょう。

安定している人の方がいいですよね。

 

瞬間的に 怒る人は、理由は考えないでしょう。

私を怒らせた○○さんが悪い、そう信じています。

すぐに 怒鳴ったり、行動にでてしまう人もいます。

止めようとしても、止められないと思うかもしれません。

 

いつのまにか、人に 怒りをぶつけている。

いつも人に怒る人に、周りの人は近づけません。

目的のためと思いながらも、孤立していくでしょう。

私は 怒らないという人も、参考にしてください。

人に 怒る のを止める理由

怒った後に、後悔する気持ちが出たら、本当の気持ちに気がつけます。

私のことを分かってほしかった

私を助けてほしい

もっと愛してほしい

なんで分からないの・・・

素直な気持ちが、あることに気がつくでしょう。

プライドや恥ずかしさが邪魔をして、素直な気持ちは話せない。

もし素直になれたなら、本当は望む方向に近づくはずです。

怒りにまかせた結果、自分の望みを壊していきます。

怒りをまき散らす人を、分かるのは困難をともないます。

近寄りがたい人に、なるでしょう。

人に 怒る のは 止めた方がいいのです。

トラウマも関係しています。

激しく怒る親のもとで子供が育てば、心に傷をつくります。

人を傷つける「怒り」に傷つくか、嫌悪するでしょう。

親と同じにならないと誓っても、心の傷を受け継いでいます。

それでも、怒りを放置しますか?

 

怒り が出た時、どうしたらいい?

怒りを感じた時は、どうしていますか?

人に八つ当たりする

我慢して気をそらす。

爆発するか、我慢するかの、どちらかになっていないでしょうか?

私がお話したいのは、感情を知る大切さです。

不意に怒ることは減り、気持ちは安定します。

人間関係も改善していきます。

感情は、扱える様になります。

なぜ怒りで八つ当たりしたかといえば、感情を知らなかいからです。

なぜ大切な人に、怒りをぶつけてしまうのでしょうか?

素直なコミュニケーションが出来たら、どれほど良いか・・・

決める力 を使う、人は意志の力があります。

人に「怒りはぶつけない」と決めることはできます。

貴方が望むならです。

怒りそうになったら、席を外してクールダウンする

相手がミスをしたとしても、あなたの意に添わない時であっても。

その場で怒って、いつも切れていれば、相手に気持ちは伝わらないばかりではなく

逆効果になるでしょう。

 

感情の性質

怒りが出た時、いつも我慢するのではありません。

その場は、我慢も必要な時はあるでしょう。

いつも我慢していれば、怒りは溜まっていきます。

我慢も限界に達すれば、爆発するでしょう。

怒りは、感じた方がいいのです。

怒り を感じるけれど、人には 怒らない それが大事なこと。

感じることと、表現することは分けられます。

「怒り」を禁止するのではなく、独りで感じるのです。

爆発したら人に迷惑がかかります、自分の望みから遠ざかります。

普段、怒ることがない人も、我慢して気をそらすことが習慣になっていることはあります。

「怒ってはいけない」

「泣いてはいけない」

感情を出すと嫌われると思う人もいます。

怒りを感じない人は、感じることを意識することから始めましょう。

なにか人を切っ掛けに、怒りが湧いた時

感じれば、見えて来るものがあります。

あの人の態度にイラっとしたな~

何で怒りが出たのだろう?

こちらは急いでいるのに、もっと察してほしかった

気持ちに注意を向けて下さい。

怒りを感じた時は、その場では怒らないことです。

どうしたらいいでしょう?

クレームを受付けるコールセンターの対応を見たことがあります。

人格を無視した様な、批判の電話もあります。

酷いことを言われて言い返すと、クレームの仕事になりません。

怒りが溜まっても、その場は冷静に応対する

電話が終わった後に、別室にサンドバックが置いてあり、そこで思い切り怒ります。

オペレーターの人は、怒りが溜まることなく仕事をしていました。

とっさに怒るのが人間らしい、止めるのは不自然と思うかもしれません。

必要以上に怒ってしまうのは、溜まった過去の感情があるからです。

人に怒れば、人間関係を破壊します。

独りになってから怒りを感じる、静かに感じられるのは尚良いです。

 

怒り を 感じる方法

じっとしていては、怒りを感じにくい場合はあります。

怒った場面を、思い出します。

その時に、話す、書くなど行動が伴うと感情は出やすくなります。

○ボクシングの様に枕などを殴る、スポーツも効果的

○支障のない皿を、思い切り割ってみる

○独りになって車の中で怒る

○日記に、酷い言葉を書いてみる

怒りを出すことを意識していると、気持ちは発散できます。

日常的に、ストレス発散法を探るといいですね。

スッキリできます。

感情は常に生み出されるもの。

怒りは許可して、時々 たまった気持ちを出すことを意識しましょう。

慣れてくれば、静かに感じることも出来るようになります。

気持ちが、スッキリできたら、本当に行きたい道を思います。

売上げを上げたいなら

人が、進んで協力したくなる方法を 考えれば良いでしょう。


感情に振りまわされる ことなく、行きたい道を歩みましょう。

レッスン

○怒り が出た時、怒らずに席を外してみましょう。

○独りになった時、怒り を思い出して 感じましょう。

 

モトでした。

コメントを残す