30代 仕事の悩み、好きなことが分からない

あなたは「自分らしさ」や「ライフワーク」に興味があり

仕事をしているけれど、今よりも輝ける場所を探している

私の適職って何だろうと思ったりもする。

好きな仕事をして独立、成功している人に憧れがある。

自分もなりたい、情熱的になれたらいいと思う。

適職が見つかればいいのかもしれない

それに向けて、勉強されているという方の悩み。

心の面から「好きなことが分からない」をみていきましょう。

 

 

好きなことをするの誤解

自分にぴったりの仕事が、どこかにあるだろうと探している。

それが見つかれば、人生開けるのではないかと考える。

それは、探す方向が違っています。

 

外に探さないことです。

メーテルリンク青い鳥の物語、内に目を向けてください。

自分の想いを観察することからです。

初めは目の前のことから、今の仕事を好きになれない理由はどこにあるでしょうか?

想いに注意していきます。

足りないのは「本気になる」という決意だけということもあります。

目の前のことを、どうしたら深めて発展させていけるか?

本気になれないのは、なにが止めているか?

出てくる想いに注意してください。

もう一つの誤解は

モヤモヤした状態は、あまり心地よくないでしょう。

ですが嬉しい楽しい思いだけを感じて、不安や怖い思いは避けたい

多くの人は、無意識に思っていることです。

好きな仕事をすれば、楽しいことばかりになる、そう考えるとしたら誤解です。

好きな仕事をしても、いろいろな出来事は起こります。

一見不幸な出来事に、意味をつけているのは私たち。

不安になることもあるでしょう。

大きな喜びを感じる人は、同時に不安や怖さも感じます。

山に登る時は足に負担が掛かかるように、登り切った時に達成感はあるでしょう。

ポジティブな思いだけを感じるような、仕事をすることは出来ないでしょう。

 

「好きなこと」は表現の一つにすぎない

別な言葉で、例えることはできます。

情熱的で夢中になり集中できる、エネルギーがどんどん出てくる状態を望んでいませんか?

場合によっては、人を見返すために情熱的になる人もいます。

人から頑張っている様に見えても、自分ではあまり頑張っているとは思わない。

仕事に限りませんが、そういう状態を望んでいないでしょうか?

あまり「やる気がでないこと」を責める必要はありません。

今は前に進みたくない理由に、気がつかないだけかもしれません。

何かをしたら進むのではなく、決意は作り出すことはできます。

進みたい時に「決める」ことは、とても力になります。

掃除が苦手な人でも、工夫次第で集中することはあるでしょう。

先入観で初めから、やる気がない状態では力も出ません。

自分のやりたいことと、情熱的になることは別なことです。

いま一度やってみよう、深めてみようと「決める」ことは力になります。

自分の気持ちを整えることは、とても大事なことです。

 

一方で、あきらかに無理をしていることに気がつけないことはあります。

私は過去、東京で通勤していた時、電車を途中駅で降りてしまうことがありました。

ですが通勤を辞める訳にはいきません。

感じないようにしていたので、気がつくことはできませんでした。

好きが分からなくなっていた。

我慢して仕事をしている時、エネルギーは枯渇して疲れていきます。

元気はなくなります。

役割や義務で続けていると、身体を壊したり、違う自分にならないといけないと信じるでしょう。

エネルギーを感じるために!

これまで辛い仕事を続けていたなら、笑ったことや楽しいことはない

感じることが分からなくなることもあります。

とにかく忙しくしている人は、そうなるかもしれません。

感じないことは、自分を守るためにしていることです。

気がつかないままでいると弊害はあります。

例えば、過去の失恋のことは思い出せますか?

失恋したことを、悪いことと決める必要はありません。

その時は、私は愛されないと誤解するでしょう。

すぐに分からなくても、後から誤解だと気がつくことでしょう。

出来事に、とても悪い意味をつけて傷ついた。

仕方のない面はあります。

安全に感じて、誤解だったと気がつけるなら

ネガティブな気持ちも感じた方が健全になれます。

傷ついた時も、ずっとそのままということはありません。

その時は、どうしましたか?

お酒で誤魔化した、暴飲暴食、衝動買い、○○中毒

それをする時に、気が楽になったから無意識に始めていた。

それが習慣になってしまう人もいます。

感じないことが日常になる人。

気がついたら、思い出してみます。

そして意味を付け直します、それがあって今がある。

エネルギーを感じる人は、感覚や感じることを大切にしています。

「好き」は感覚の一つにすぎません。

それが絶対的な指針ではありません。

ある人は「ピンと来た」と言う人もいます。

感情や感覚を拡げるように心掛けることは、自分の状態をキャッチしやすくなります。

これまで中毒になった人は、そうなった理由を思い出してください。

また身の回りから、気持ちよい環境を整えていくのも方法です。

休みの日に、自然の中に行くこと。

身体、心にも休める場所をつくります。

思い切って環境の良いところに引っ越してみる。

環境から整えていくのは、感情を取り戻すのに有益です。

 

豊かさと自分らしさのバランスをとる

好きなことをして成功することを目指して良いと思います。

覚えておいてほしいのは、自分らしさと、お金を稼ぐことはベクトルが違うこと。

初めて仕事に就く時、お金や休みなどの条件で選んでいたかもしれません

心からやりたいこと、夢中になる感性は不足していたかもしれません。

仕事を始める時に、とにかく豊かになる

稼ぐばかりに気持ちが向いていると、自分らしさは忘れがちになります。

バランスをとる難しさはあるでしょう。

ですから時々、自分の方向性をチェックして確かめることをお勧めします。

好きなことをしたい時、自分の感覚に耳を傾けてみる。

そんな観点を忘れずに、あなたらしさを大切にして下さい。

バランスは、心の声を聞いていきましょう。

 

レッスン

○あまり やる気がでないとしたら、どんな理由があると思いますか?

 

○目の前のことを 好きになるとしたら、今、決められること

 行動できる小さな一歩は、なにかありますか?

 

モトでした。

 

コメントを残す