いつも人付き合いを切ってしまう理由

 

ふとした言葉に傷ついて、これまで続けた関係を切ってしまう。

会社を、いきなり辞めてしまう。

SNSやメールを、止めてしまう。

それが何人にもなり、自己嫌悪になる。

人を大切にできないと、自分を責めてしまうこともあります。

それでも煩わしさや嫌な気持ちから、関係を切っている。

人に嫌われていると思う、どうしていいか分からない。

 

どうしようもなかったのでしょう。

反射的に人付き合いを切ることは、改善したい場合の話しです。

 

親しくなると、人を避けていませんか?

人には、ちょうどよい距離感があります。

知らない人とは、ある程度の距離をとりたいでしょう。

自分が安全と思える距離です。

人付き合いを進める上で、ほどよい距離感をとれるといいのですが

親しくなろうという時に、恐怖を感じることがあります。

傷つくかもしれない、無意識に思うからです。

 

また極端に距離が近い時は、弊害のあることがあります。

それは、母の場合が多いでしょう。

大事なことは、自分で決めているでしょうか?

極端に近い人と、意見が違っても何も悪いことはない。

意見が違うと、嫌われる気がする。

距離感から恐れがでたら、何を感じているかに注意して下さい。

 

人付き合いで悩むのは、人が好きだから

うまく気持ちを伝えられない

楽しそうにしている輪に入れない

感情的な問題は、簡単なことではないかもしれません。

例え、人を避けていても、攻撃的になったとしても

人付き合いで悩む人は、本当は人が好きです。

心から望むなら、人の和にも入っていけます。

人付き合いができないと悩むのは、人が好きな証拠だからです。

 

人付き合いを切ってしまう理由

人を切ってしまうのは、これ以上は傷つくたくないからです。

それほど、辛かったのですから。

あまり深い傷は、見方を変える必要があるでしょう。記事はこちら

 

勇気を出して、何に傷ついたのか?

思い出してみましょう。

何気ない一言に、傷ついた。

その一言を、それぞれの人に聞いてみると

太っている、痩せている、ハゲている、頼りない、優柔不断など

人によって傷つくポイントは、まったく違います。

自分では気がつけないものですが、それは自分が気にしていること。

自分が○○だから、人から愛されないと信じていることです。

無意識に、ダメ出ししているコンプレックスの正体。

確かに、気にしていることを指摘されるのは辛いですね。

ですが、どうでしょう?

太っている、痩せている、ハゲている芸能人がいるように

身体の特徴は変えにくいですが、それは愛されない理由にはなりません。

性格のことなら、人に優しい性格を「頼りない」と言われたのかもしれません。

物事は見方です。

真実ではありません、誤解から傷ついたのです。

傷は治して、辞めることはできます。

自分で自分を嫌っていたと、気がつく機会でした。

相手の人に悪意はないでしょう。

本当は、自分を嫌わなくていい。

酷いことを言う人は、許したくないかもしれない。

鏡の自分に、傷ついた気にしている言葉を言ってみます。

クラクラするかもれしません。

私はあまり誇れないと思っても、しょうがない自分を許していいのではないでしょうか?

酷いことを言った人を許せば、あなたの傷が一つ無くなります。

そのことで、嫌な気持ちになることはなくなります。

良い所、出来た所に注目する

 人を切ってしまう時のことを思い出してみます。

完璧でないと、気が済まないことがあります。

体型なら、モデルの○○さんみたいでないとダメ

完璧主義になっていることがあります。

目指すのも悪くはないですが、傷にするのは辞めておきましょう。

完璧主義な人は、仕事の出来る人に多い

極端ならば、弊害があります。

少し体重が増えると「何で管理できないの?」と怒る

完璧でないと、気が済まない。

自分にも、他人にも厳しくなります。

完璧に出来ること以外は、行動できなくなります。

傷にしていることが、完璧主義から来ているなら

すこし緩めてみましょう。

できれば○○な方がいい。

それに上手くいった所、良い所に注目していないことが多い。

良い所、出来た所に注目せずに、良い所を褒めない、ダメな点に注目しています

人は喜びが無いと、そのことを好きになりません。

全部を完璧にするのは不可能でしょう。

責めていたら、緩めて言い換えましょう。

良い所出来たところに、始めに注目する。

「ここは凄く良く出来た、後はここだけは惜しかったな」

人を見るときも同じ、良い所に注目しましょう。

素直なコミュニケーションを心掛ける

喧嘩になるようなコミュニケーションを避けるだけで、傷つくことは減ります。

そのコツは
「自分に正直に、本当の気持ちを相手に伝える、人を大切にする」こと

 

お子さんがいて「大学に進学したい」といった。

その時に家にお金がない場合、正直に本当の気持ちを伝えるとしたら。

正直な気持ちは「なんとか大学に行かせてあげたい、でもお金がない」

そんな時は「甲斐性がない自分は、なんて駄目だ」

子供に「そんなこと言い出すなんて、何を考えているんだ」と怒ったりします。

自分が感情的になっていると自動的に、自分か相手を責めてしまいます。

身内ほど感情を抑えられないのは、仕方ありません。

全て出来るとは言いません。

この場合、秘訣を実行するなら

「学校には行かせてあげたいと思っている、お金の都合で、すぐに大丈夫とは言えない、幾ら掛かるか調べてみよう」当たりかと思います。

ブレブレになったら、自分の問題かもしれません。

自分の感情を安定させる必要はあるでしょう。

傷は癒すことができる 

人付き合いを突然切ったとしても、それは感情的に辛かったからです。

人間不信は、自分から壁を作り傷つかないように守っている

二度と傷つきたくないと、頑なになっている状態。

壁を作ると、人の話を聞くのも困難になります。

傷つかないためにしているはずが、苦しさは増していくでしょう。

周りに信じられる人が独りいるなら、その人に心を開いてみる。

傷を乗り越えて、人と繋がりたい時は

少しずつ繋がりを増やしていくことで、安心感は増すでしょう。

傷を癒すのは、自分を許していく作業

安らかな自分に近づくために、傷に向き合っていきましょう。

レッスン

○人付き合いを切ってしまった理由は、何だと思いますか?

 

○あなたが自分に、ダメだししていることは何でしょうか?

 鏡の中の自分に、ダメだししたことを言ってみましょう。
 次に「そんなダメな自分でも許していいよ」と声掛けしてください。

 

モトでした。

コメントを残す